FC2ブログ

★続・自己変革への道★

自己変革のために,もう一人の自分自身に対して書き綴ります。
2010/05/23(日)
 落語家の林家正蔵とジャズピアニストの佐山雅弘のジャズ落語があった。ジャズと落語の共通点は、「表現の自由さ」にある。今日のお客の様子を見ながら話を決める。そのときの気分によって演奏をする。どちらも知り尽くしていないとできることではない。間の置き方、お客さんとの一体感を作り出すテクニックと大変参考になった。

 長屋の熊さんがジャズ指南を受けにジャズの先生の元へ。掛け合いの中で、ジャズの歴史やスタンダードも織り込んでしまうという奇想天外の展開。林家正蔵のトランペットもなかなかのもの。いつの間にか時間が過ぎてしまったという感じである。

 演奏曲は
  自由への讃歌
  ソーホワット
  モーニン
  聖者が街にやってくる
スポンサーサイト



2010/02/27(土)
 66歳であの声量は本当にすごい。邂逅(かいこう)というむずかしい言葉があるが、『めぐりあい』という意味である。

 "しんにゅう"が付いているから足で歩くことを表している。つまり『めぐりあい』ということは、いろいろなところへ出かけて行くことが前提なのかも知れない。
 
2010/01/20(水)
ネット依存の恐怖(教育出版、牟田武生著)

○ ネット依存の条件

 ①不就学・不就労の状態で家にこもっている。
 ②1日10時間以上、オンラインゲームやインターネットをやっている。
 ③朝起きて、テレビやラジ等よりも先にパソコンを立ち上げることが多い。
 ④外出の目的は、パソコンの本や雑誌を見に行ったりするためである。
 ⑤会話の大部分は、チャットやオンラインゲームのことが多い。
 ⑥勉強や学校・仕事や会社のことを話すと不機嫌になる。
 ⑦家族との会話が少なくなり、意味もなくふさいだり考え事をしたりする。
 ⑧インターネットをやっているときは、声をかけられても返事をしない。
 ⑨生活が不規則である。
 ⑩インターネットをやっていないときは落ち着かない。

うえの5つ以上が当てはまれば要注意。7つ以上で、ネット依存。
2010/01/19(火)
学校裏サイト(東洋経済新報社、下田博次著)

① 急拡大した学校裏サイト
 ・2チャンネルと学校裏サイトの比較
 ・学校裏サイト発信の問題点

② 学校裏サイト対策
 ・リスクを話せば子どもは理解してくれる
 ・自分の行為を客観視させる

③ プロフという新しい流行
 ・心の居場所づくりとしてのインターネット遊び
 ・魔法のプロフィール帳

④「かわいい」インターネット遊びの裏で
 ・情報の力による誘拐
 ・自分を主役にできるメディア

⑤ 恋とスリルとお金
 ・ゲームサイトの罠、落とし穴
 ・我が子を深く知るべし

⑥ 子どもを使って稼ぐ営利企業
 ・自己顕示欲の発露
 ・マスメディア以上の影響力

⑦ 学校裏サイトから考える課題と対応策
 ・天狗の隠れ蓑効果
 ・知った親から知らない親へ

 「学校裏サイト」という言葉自体が誤解を与えている。対処療法だけでは解決しない問題である。家庭も含めた子どもの心の中を知る必要がある。
2010/01/18(月)
ネトゲ廃人(リーダーズノート、芦崎治著)

① ネットゲームに日々を捧げた女神たち
 ・モテるには、引きこもるしかない
 ・深夜に十匹のモンスターが現れる後遺症

② セカンドライフで人生をリセット
 ・リアルとセカンドライフを二重に生きる主婦
 ・時給36円でも本気になれる

③ ゲームで愛し合いリアルで同棲
 ・ゲームのために生きている
 ・子どもがいるとゲームができなくなる

④ ゲームに救われ、ゲームに閉じこもる
 ・人間不信のトラウマをネトゲで乗り越えた
 ・ママのゲームを邪魔しない子ども

⑤ 親不在の寂しさからハードゲーマーへ
 ・オフ会で世渡りを学ぶ
 ・リアルの体験や思い出がない

⑥ デイトレーダーがはまったロールプレーイングゲーム
 ・食事も子育てもパソコンの前で
 ・リアルマネートレードの落とし穴

⑦ キャラクター同士で、本気の恋愛
 ・ネット恋愛なくして生きていけない
 ・嫌いな人なのに、ネットでは別れられない

⑧ ネトゲ家族の崩壊
 ・ゲーム恋愛のときめきを告白する妻
 ・別次元の世界へいってしまった

⑨ オンラインゲーム大国、韓国の憂鬱
 ・ゲーム中毒の予防と治療に力を入れる
 ・インターネット・レスキュー・スクール

⑩ 急増する小学生のログイン
 ・自分が親だったら、子どもにはやらせない
 ・ゲームが与えるおもしろさも軽視すべきでない

⑪ ネトゲ廃人たちの絆
 ・リアルで冒険しないインドアな時代へ

 ネットワークゲームにはまった人々の告白集であるが、想像を絶する世界を見たような気がした。学校教育でこれらの人たちをどう救っていくか考えさせられた。

 | Copyright © ★続・自己変革への道★ All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド